のめり込んで走る家族と濡れたTシャツ剣士は空を飛ぶ夢を見た

「うどん」のことを好きな人もいれば、嫌いという人もいると思う。なんの感情もない人も。アナタにとって、「ジントニック」って、どうなんだろう?

ゆったりと踊るあなたと夕立

まだ見ぬウォッカの国、ロシアに、絶対旅したいという夢がある。
英語に挫折しそうになった時、ロシア語の基礎を勉強してみようかと思ったことがある。
だがしかし、さらりと読んだロシア語の基礎テキストの最初だけで速攻で英語にもどった。
とにかく活用形が限りなく複雑だったのと、私ができない巻き舌だ。
観光客としてウォッカとビーフストロガノフを目指して行こうと思う。

陽気に泳ぐあなたと夕焼け
このごろは、近所の釣り場に行ってない。
毎日とっても激務で行けないのもあるが、しかし、とても暑すぎるから、行きにくいのもある。
それに加え、会社終わりによく行く場所を見てもたくさん釣れている雰囲気が見えないから、絶対に出かけたいとは寂しいが思えない。
めっちゃいっぱい見えるくらいだったら我慢できずに行きたくなるのに。

月が見える平日の明け方に座ったままで

毎晩、グラスビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はさらに、ワインを飲んでしまう。
もちろん、次の日に接待のような仕事をしないときに限定されるけれど。
実家を出ていた時に、アパートの近くでちょっといい感じの酒屋を発見して、父の日のために買ったことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円のワインを探しています」などと話して。
父にプレゼントした、ワインが1万円ほどしたことを我慢できずに伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他には何もいう事は、特にはなかった。
このことから、あまりワインの質にこだわらなくなった。
あー幸せだと感じるお酒だったら、お金や質にはこだわらないと決めた。

陽の見えない大安の深夜に友人と
遠くの生まれた家に住んでいる母も孫の為だといって、ものすごく大量にお手製のものを縫って送ってくれている。
ミッフィーが大変気にいっているのだと言ったら、その布で、ミシンで縫って作ってくれたが、裁縫するための布の価格がたいそう高価でたまげていた。
仕立てるために必要な布は横、縦、上下の向きが存在していて大変らしい。
なのに、しかし、豊富に、ミシンで縫って作ってくれて、届けてくれた。
孫は非常に愛らしいのだろう。

汗をたらして跳ねる兄弟と公園の噴水

毎年、雨の多い梅雨の時期がなんとなく好きだ。
空気は湿度が上がり出かければ雨に濡れるけど。
それは、子どもの頃、梅雨に見られるアジサイが美しく、それからこの花を楽しみに待っている。
九州長崎で知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧さんの紫陽を見ながらのデートの話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れて来日してきた、医師のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言う。
雨の日に美しく咲くアジサイを目にして何度も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
それが訛って、紫陽花はおた草と別の名を持つようになったらしい。

一生懸命踊るあの子と読みかけの本
友人の親戚が梅干しを販売しているとの事。
都心に本部があり香港に支社もあり、和歌山にファクトリーがある。
全国にたまに、数人で組んだグループで試食会をするらしい。
飲みながら、梅干しの雑学を聞いていると、食べたくなった。
梅干し食べたくなった〜!など言うと、あ!あるよ〜!と言いながら出してくれた。
この友人と食べた梅干しが、人生で一番美味しかった。
ここで、早速梅干しを注文してしまった。

騒がしく踊る友人と霧

いつも、至ってさっぱりしたファッションが好きな私は、もちろん驚かれるけれど。
靴下やポーチや飾り物まで揃い、統一して身につけたいと思えば節約生活になりそうだ。
それでも、ファッションは魅力的だ。

怒って跳ねるあなたとよく冷えたビール
花火大会の時期なのに、しかし、今住んでいる場所が、リゾート地で毎週、花火が上がっているので、もう見慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週夜に、打ち上げ花火をあげているので、抗議もわんさかあるらしい。
私の、家でも花火のドンという音がうるさすぎて娘がびくびくして泣いている。
年に一回ならいいが、夏の間、土曜日に、長い時間、大きな音が鳴り続けていては、うざい。
早く花火が上がらなくなればいいのにと思う。

月が見える休日の朝に座ったままで

お盆が近くなって、「とうろう」などの催し物がほど近くで行われている。
近くの観光施設では、竹やペットボトルで作り上げられたとうろうが置かれていた。
ほど近くの観光施設では、夜更けには電気の照明はついてなくて、灯篭の中のろうそくの照明だけというのは、大変美しかった。
竹やすだれの中で明かりが光っていて、癒される灯りになっていた。
癒される照明が周囲の樹々を明るくしていて非常に良かった。

勢いで叫ぶ兄さんとオレ
スイーツがとっても好きで、バウンドケーキや和菓子を自分でつくるけれど、子供が色々わかる年になって作るものが限られてきた。
私と妻が大変喜んで口にしていたら、娘がいっしょに食べたがるのは当たり前だから子供も食べられるバウンドケーキをつくる。
私は、チョコ系がたいそう好きだったけれど、しかし、娘には砂糖とバターが多い物などは小さなうちは食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやリンゴをいれた蒸しケーキが健康にもいいので、砂糖とバターをひかえて入れて焼く。
笑顔でうまいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。